· 

深むし茶と煎茶

茶葉の形状の違い

日本茶・緑茶といえば煎茶。

でもたまに「深むし茶」という言葉が出てきますね。

じゃあ何が違うのか・・・ご存知ですか??

 

深むし茶とは、文字通り“煎茶よりは深く蒸している”という意味です。

特に“この時間・カロリーで蒸す!”という厳格な数値やルールはありません。

より深く蒸すことで茶葉の繊維が壊れ、見た目は粉っぽくなります。

画像は当店人気商品、「深むし茶 福乃香味」です。

 

では煎茶と比較してみましょう。

画像は八女茶「八女さやか」です。

 

いかがですか?

深むし茶は細かく、煎茶は茶葉の形状がはっきりしています。

淹れてみると??

お茶を淹れて(抽出して)みるとどう違うでしょうか。

実際に淹れて比べてみます。

 

まずは深むし茶。

 

続いて煎茶。

いかがでしょう。

深むし茶は茶葉が細かいので濃く出ます。茶葉の表面積が多くなるからですね。

そのため濃厚なコクが特徴です。

 

一方煎茶を淹れてみると、きれいな緑色透明の抽出液。

すっきりした飲み口が特徴です。

 

二つを並べてみると・・・

一目瞭然ですね。

深むし茶は和菓子、煎茶は食後に合う・・・そんなイメージでしょうか。

 

一口にお茶といっても様々な種類があります。

気分に合わせて茶葉を選んでみる、そんな楽しみ方もアリですよ^^

 

今回使用した茶葉はこちら

・深むし茶 福乃香味

 鹿児島の太陽をいっぱいに浴びて育った「ゆたかみどり」品種を使用。

 濃厚なコクがあり、バランスの取れた旨味と渋味を併せ持つ。

 「ゆたかみどり」特有の「サツマイモ・栗」系の香りを感じ取れる。

 

・八女煎茶 八女さやか

 福岡県茶商工業協同組合推奨茶

 伝統本玉露など高級茶産地で有名な福岡県・八女地方産の煎茶。

 被覆栽培による独特の芳香(かぶせ香)を持ち、さわやかな甘味と芳醇な旨味が特徴。

 ※かぶせ香とは・・・アミノ酸の一種テアニンが豊富で葉緑素も多く、青のり系の香りです。